インフルエンザの流行する時期

インフルエンザの流行る時期の統計

日本の冬は非常に寒さが厳しく、多くの人の体温も低下してしまいます。体温が低下し、体が冷えてくると様々な支障をきたすようになります。まず体の血行が悪くなり、栄養や酸素が適切に体の各器官に行き届かなくなります。そして体の免疫力や抵抗力が低下するようになります。すると細菌やウィルスに感染しやすくなってしまいます。とくに日本の冬の11月から2月にかけては寒さによって空気が大変乾燥するためにインフルエンザが大流行する統計が存在します。インフルエンザは乾燥した空気を好み、人間の鼻や口などに侵入します。空気が乾燥していると人間の粘膜も乾燥しているので、インフルエンザが侵入しやすくなり次第に肺で大増殖が見られるようになります。インフルエンザは11月から2月にかけて大流行するので、予防のためには9月頃から予防接種を受けるのがベストと言えます。予防接種は摂取したら即日効果を発揮するものではありません。摂取して一ヶ月ぐらい経過してから非常に効果を発揮するので、摂取するタイミングが非常に重要になってきます。予防接種はインフルエンザの感染を回避するほか、万が一感染したとしても高熱や嘔吐、下痢など激しい症状に陥る事無く、重篤化を回避してくれます。とくに高齢者、子供といった抵抗力、免疫力の弱い人は積極的に予防接種を受けるべきだといえるでしょう。また持病のある人もインフルエンザに感染することによって持病が悪化することがあるので、医師と良く相談した上で予防接種を受けることが大事です。子供や持病のある人は二週間の間隔をあけて二回予防接種をうけておくと、予防効果が非常に高まるといわれています。予防接種する際はアレルギーがある場合は医師にそのことをきちんと伝えることも大事です。