インフルエンザの流行する時期

インフルエンザの多い地区

日本では冬になると多くの人を困らせる流行感冒症が見られます。それがインフルエンザと言うものです。感染してしまうと、40度近くの高熱が出て咳やくしゃみも酷く、関節痛、下痢、嘔吐なども見られるようになります。高熱のあまり立っていることが辛く、出勤や登校も出来なくなってしまいます。子供や高齢者といった免疫力や抵抗力の弱い人が感染してしまうと、肺炎や脳炎などを併発してしまうこともあり非常に危険です。インフルエンザの特徴としてあげられるのが、その感染が拡大し、大流行してしまうということです。インフルエンザは人から人に感染する傾向にあります。感染者のウイルスのついた手でドアノブを掴みそれを他人が触れることで感染する接触感染、感染者の咳やくしゃみの唾液の飛沫を吸い込むことで感染する飛沫感染などが見られます。そのため人口の多い首都圏地区でインフルエンザの感染や流行拡大が毎年のように見られます。インフルエンザに感染したら治療に専念することのほか、他人に感染させない配慮をすることも大事です。例えば咳やくしゃみなどの飛沫を飛ばさないようにマスクを徹底して装着することも大事です。治療中も家族と離れた個室で治療に専念し、できるだけ人との接触を避けるようにすることが大事です。また医療機関でタミフルやリレンザを処方されて治療していても一週間程度経過しなければウイルスの増殖は食いとめられません。また体内にウイルスが残っており体外に完全に排出されていないので、医師の指示通り一週間前後は出勤や登校を控え安静に治療に専念することが大事です。そしてなにより感染しないために流行シーズン前に予防接種をしておくことが非常に大事であると言えます。