インフルエンザの流行する時期

岡山でインフルエンザで学校を休む際は診断書が必要

日本の冬は非常に寒さが厳しく様々な流行感冒症をみる事ができます。香港型、A型、B型など様々なインフルエンザが大流行します。インフルエンザは非常に乾いた空気中で活発に活動します。そのため乾燥の激しい日本の冬に主にインフルエンザが流行します。流行のピークは11月から2月にかけてであり、岡山県下でも非常に多くの人が感染し、ひどい症状に悩まされることになります。岡山県では高齢者や子供、持病にある人にとくに予防接種の呼びかけを行っています。毎年岡山県下でもインフルエンザが重篤化して命を落とす高齢者や子供が後を絶たないからです。そのため岡山の自治体では高齢者や子供に対しては補助金を助成し、安い費用で予防接種が受けられるように制度を整えています。しかしながら子供はどうしても抵抗力が弱く、手洗いうがいを徹底して行わない傾向にあり予防接種していてもインフルエンザにか感染してしまう傾向にあります。インフルエンザに感染してしまうと肺でウイルスが増殖するので40度以上の高熱がでます。一般的な風邪とは違う高熱が見られた場合は早急に医療機関を訪れ治療を施してもらうようにしなければいけません。子供の場合登校が困難になるので診断書を医師にもらうようにします。インフルエンザは接触感染、空気感染、飛沫感染など様々な感染経路で多くの人に感染させてしまう可能性があります。そのため診断書を医師に書いてもらい、ウイルスが死滅し完全に体外に排出されるまで学校を一週間ほど休み治療する必要があります。そのため診断書を学校に提出しなければいけません。一週間も休めば完全に体内からウイルスが排出され他人にウイルスを感染させる心配がありません。