インフルエンザの流行する時期

福岡の空気乾燥はインフルエンザの温床

福岡でも全国同様、毎年のようにインフルエンザの流行が見られます。学級閉鎖なども頻繁に見られ、インフルエンザの特性を解く理解し万全の対策を講じることが大事です。インフルが冬に流行するのは、空気の乾燥を非常に好み、そうした環境で大増殖する傾向があるからです。そのため福岡の保健所では空気の乾燥に警鐘を鳴らし、極力空気を乾燥させないよう加湿を呼びかけるようになっています。空気を乾燥させないためには加湿器を活用するとよいでしょう。加湿器で湿度50パーセント以上にするとウイルスの増殖はされるようになります。加湿が十分であると人間の鼻や口などの粘膜も潤い、ウイルスが体内に侵入しにくくなります。まや福岡の保健所や医師会はインフルエンザの予防接種を提唱しています。予防接種を受けていると万が一ウイルスに感染しても高熱などの重篤な症状に見舞われずに済みます。子供や高齢者など抵抗力の弱い人が感染し高熱を発症すると肺炎や脳症を併発する可能性があり、非常に危険です。しかし予防接種をしていれば脳症や肺炎などのリスクも回避できるようになります。また最も身近で簡単な予防対策は手洗い、うがい、マスクの三点です。インフルエンザは主に飛沫感染、接触感染、空気感染で感染します。そのため手洗いやうがいでウイルスを除去すれば感染確率も非常に低くなります。なかでもアルコールを持ち歩き、事あるごとに手を消毒すると感染の可能性は低くなります。またインフルエンザは免疫力が弱いところをねらって、すぐに体に侵入するようになります。そのため日頃から免疫力を高める努力をすることが大事です。例えば腸などを鍛えると免疫力はアップします。食物繊維や乳酸菌などを積極的に摂取すると良いでしょう。